2009年02月09日

あなたを腰痛から守る天然のコルセット

====================================
★腰痛対策プロジェクト・第3号
====================================
1、腹横筋を付けると・・・
2、腰のカーブについて
====================================

どうも、四角山です。
この度は、このメールマガジン『腰痛対策プロジェクト』
を御購読頂きまして、まことにありがとうございます。
なお、このメルマガに心当たりの無い方は、最後に解除URLが有りますので
そちらよりお手数ですが解除をお願いします。
ではでは、早速、第3号行ってみましょう♪

____________________________________

1、腹横筋を付けると・・・
____________________________________

前回、腹筋には4種類ある話をしました。
(忘れた人は見返して下さい)

で、腹横筋を付けると、自分の身体のコルセット代わりになってくれる
と言う話でした。

ですから、もし筋トレで、腰痛予防をしようと思っている人は、
よ〜〜く注意してやるようにして下さい。

よくボディワークに取り組む人は、アンチ筋トレ派が多いですが、
僕自身は、筋トレ自体を否定するつもりは無いですし、
人によっては必要なものであると思います。

それだけ、アンチ筋トレ派が言うように危険や逆効果になりやすいんだと
いうことを理解しながら取り組まないといけないって事ですね。


では、腹横筋を付けるには!?

となるわけで、それを話すつもりでしたが・・・・


その前に知っておくべき事が有りました(汗)



____________________________________

2、腰のカーブについて
____________________________________

ここら辺は、思いついた事を適当に書いている
(そこまでいい加減でも無いですが)

順番の不手際はお許し下さい(汗)


で、是非その前に知っておいて欲しい事は、
背骨のカーブについてです。


背骨には、頚椎、胸椎、腰椎と3ブロックに分かれていて、
頚椎と腰椎は身体の前方向に入るようなカーブになってますよね。

(余談ですが、赤ちゃんは最初そのカーブは有りません。
徐々に一つ目のカーブ、二つ目のカーブと出来て行きます。)


で、その二つのカーブですが、人間の身体を支える為に、
無くてはならないものですが、
(もし無いと、足からの衝撃が緩和されずに直接、頭に行くので
危ないです。)

大抵の場合、そのカーブの反りが強すぎます。
ですから、逆に腰や首を潰してしまい、不必要に圧迫してしまいます。

それが、原因で痛めてしまう場合が多いです。

よく腹筋とか、何かをする時にその反りが強いままやりすぎると、
どんなに良い事をやってもむしろ逆効果になってしまいます。

(だから先にこっちを触れないといけなかったわけです)


ただ、特にダンサーとかに多いのですが、真っ直ぐしようとしすぎて、
背骨が本当に真っ直ぐになってしまってる人もいますが、
これはこれで、かえって身体を痛めやすいので注意して下さい。




ではでは、今日はこのへんで。
また次回を楽しみにしていて下さい。


PS.
このメルマガに関する、問い合わせ、ご意見、感想はこちらまで
腰痛対策プロジェクトお問い合わせフォーム
あと、皆さんがやっている腰痛対策やこれってどうなの?
みたいな話なんでも結構です。

腰痛対策プロジェクト問い合わせフォーム
http://form.mag2.com/phaefrusta


PS2.
このメルマガを、あなたの周りの大切な人で
腰を痛めている、
仕事柄、腰を痛めそう
と思う人にも宜しければ紹介して下さい。
登録はこちらです。
http://www.mag2.com/m/0000282440.html

もしかしたら、このメルマガを知っていれば腰を痛めずに済む
かもしれません・・・



PS3.
このメルマガのバックナンバー、解除はこちらまで
http://www.mag2.com/m/0000282440.html

posted by 四角山 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。